FC2ブログ

Brahms Abend

フランス語のレッスンの帰りに、東京都豊島区にある自由学園明日館へ。
フランク・ロイド・ライトと遠藤新によって設計され、重要文化財にもなっている建物です。

ちょうど休日見学日ではあったのですが、時間があまりなく慌ただしくなってしまいそうだったので、今回は建物の外観など外から見られる部分だけで我慢して、また日を改めて見学に来ることにしました。

110925myonichi01

110925myonichi02

110925myonichi03

110925myonichi04

110925myonichi05

110925myonichi06

110925myonichi07

併設のJMショップには、兄と私が小さい頃によく遊んでいた思い出のコルク積木が!
祖母にプレゼントされたものなのですが、自由学園工芸研究所の玩具だったようです。

兄も私も大きくなって、最後には近所の方に差し上げたのですが、私もいつか誰かにプレゼントしたいと思っていたのです。

が、値段を見てびっくり。
3万円もするよ~w(°o°)w

今のところ結婚の予定すらないけど、自分に子どもが生まれでもしたら買ってやってもいいかな(^^)
そう思えるくらい、しっかりしたいい玩具なのです。

言い遅れましたが、自由学園明日館へ来たそもそもの目的は、RESONA MUSICA The 3rd concert Brahms Abend を聴くことでした。

コンサートが行われた講堂も、重要文化財に指定されています。

110925kodo01

110925kodo02

110925kodo03

神様から美しい声をプレゼントされた13名の声楽家による迫力のある合唱。
はぁぁ、素敵(☆o☆)

それに、途中休憩はあったものの、ほとんどぶっ続けで45曲!
この方たち、体力もスゴイです。。。


私は体力ないのでそろそろ寝まする。
おやふみ(- -).。oO
スポンサーサイト



モンゴルの馬頭琴とカザフのドンブラ

誕生日に、「遊牧民の音楽を楽しむ―モンゴルの馬頭琴とカザフのドンブラ―」という、ちょっと変わったコンサートのチケットをプレゼントしてくださった方がいて、土曜日は吉祥寺の武蔵野公会堂へ聴きに行ってきました。

モンゴルという未知の世界に興味津々。
ひと口にモンゴルと言っても、モンゴル人と少数民族のカザフ人では、あたりまえだけど顔立ちも民族衣装も文化もぜんぜん違うんだな~、と、超初心者な入り(^^;)

そういうのなしにしても、馬頭琴(昔ながらの革張りの馬頭琴のほうが好き)とドンブラ、それぞれに素敵な音色でした(♪v♪)

ジョングルール―音の旅びと

7月11日にちょっと変わったコンサートに行ってきました。

Jongleur Bon Musicien(ジョングルール・ボン・ミュジシャン)の「『ジョングルールー音の旅びと』中世ヨーロッパ放浪楽師の音楽」です。

場所は四ッ谷の絵本塾ホール(旧コア石響)。
折りたたみ式の簡単な椅子を置いただけの小さなホールですが、満席で立ち見が出る程の盛況ぶり。

初めて見る楽器がほとんどで、興味津々。
こういう機会もなかなかないので、それぞれの楽器の紹介コーナーとかあっても楽しかったかも。

ミュージシャン=中世ヨーロッパの放浪楽師の語りが入ったり、でも要所要所では現代に戻ってちょっと説明があったりします。

歌詞も原語と日本語訳が混ざっていたりして、一般の人にも親しみやすいように配慮されていました。

こうやって改まってホールでやることは珍しく、普段はライヴハウスでやることが多いのだそうです。
次はライヴハウスでお酒でも飲みながら聴いてみたい気もします。

中世ヨーロッパの民衆だって、音楽を聴きながら飲んで踊って騒いで楽しんだことですし^^

The 77th CHRISTMAS Step CONCERT

12月17日(木)のこと。
親切なお方が、ちゃまをクリスマスコンサートにお誘いくださいました。

無料コンサートなので、席は当日決まります。
そこで、これまた親切なことに、その方が早くから並んで最高にいい席を確保してくれたのでした。

091220concert

コンサートの“顔”であるヴァイオリニストの千住真理子さんはもちろんのこと、新日本フィルハーモニーの演奏も素敵でした☆


去年は地元のこじんまりとしたクリスマスコンサートを聴きに行って、それはそれでよかったのだけれども、ゲストで来た、かつて数曲だけヒットを飛ばしたことのある某女性歌手(一応、ロックミュージシャンということになっている)がなんとも場違いで興醒めでした。

観客に無理にノリを要求したり、「正解した人には、○○ちゃん(←自分のこと)のキスかな」とか言っちゃってさ。
あー、イライラ三(  ̄0 ̄)/"

  テメーのキスなんてキモ過ぎて誰も欲しくねんだよ。
  アンタ、裕に40超えてんのにいつまでアイドル気分だよ、みっともねー。
  ま、自虐ネタならわかるけどよ!

そんな恐ろしい言葉を悪魔が叫ぶのを聞いたのでした。


それに比べ、今年はいつもの清らかな心で幸せな時間を過ごすことができたわ(♪v♪)

横浜へ

今日は有給休暇が取れたので、横浜赤レンガ倉庫の Motion Blue yokohama へ。
お目当ては、小泉ニロさんのスペシャル・ライヴ。

澄んだ声がとっても素敵☆
9月16日発売のオリジナルアルバムからも数曲、気持ちを込めて歌ってくれました。
近くの席の女性が、ニロさんの美しさを口にするたびに、私も心の中で「うんうん」と相槌。

きれいなものを見てきれいなものを聴いてきれいになれるといいですね。
オリジナルアルバムの発売が待ち遠しいo(^-^)o

090821yokohama01

090821yokohama02

090821yokohama03

| TOP | NEXT