FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パウル・クレー おわらないアトリエ

前から行きたいと思いつつ、結局、会期終了間近の昨日ようやく行って参りました(^^;)


パウル・クレー おわらないアトリエ
PAUL KLEE: Art in the Making 1883-1940
(2011年5月31日~7月31日 東京国立近代美術館)


オフィシャルサイト
http://klee.exhn.jp/

110731klee

ただクレー好き☆って感じで行ったのですが、作品そのものより、展覧会名の英語のタイトルどおり、メイキング(制作過程)にスポットを当てた展示でした。

クレー好き☆と言っているわりに、たいして作品制作のプロセスとかわかってなかったので、非常に興味深かったであります!
好きなタイプの作品は、出品点数の割には少なめだったけど、そういった意味で満足^^


常設展示も、前回の「生誕100年 岡本太郎展」のときから大幅に展示替えされていて、ちゃんと企画展示に合わせてパウル・クレー・コーナーができていたりして、おお!がんばっているなぁ、と感心しました!

常設展の中にいくつかの小企画展が組まれているのだけれど、chamaが注目したのは海老原喜之助。
戦争がモチーフになっている『蝶』や『本を焼く人』なんて、不謹慎だけど、モダンでかっこよくて、すごい。。。


明日から八月。
夏休みまであとちょっと。
がんばらなくっちゃ!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。