FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレデリック・バック展

招待券をいただいたので、土曜日(8月27日)に行ってきました。

木を植えた男。
フレデリック・バック展

L'Homme qui Plantait des Arbes
(2011年7月2日~10月2日 東京都現代美術館)


オフィシャルサイト
http://www.ntv.co.jp/fredericback/


110830arbes

フレデリック・バック=『木を植えた男』のイメージで、『クラック!』や『大いなる河の流れ』とともに、そのアニメーション作品を観たことはあったし、手もとに『木を植えた男』の絵本もあるくらいなのだけれども、実際、バック氏についてほとんど知らなかったんだなぁ、と。
カナダの人というイメージだったので、彼がフランスで生まれ育ったことすら知りませんた(^^;)

フランスのレンヌ美術学校時代の師 マチュラン・メウの「世界をよく観察し、描きとめ、記録せよ」という言葉を受けて残した大量のデッサンに始まり、出版社への持ち込み企画、カフェの内装やテレビの仕事、そしてアニメーション作品に至るまで、展示作品は1000点に迫る規模なのだそうです。
道理で、見応えありました!

特に印象に残ったのは、第二次世界大戦終結前夜のフランスを捉えたデッサンや、テレビの仕事での経験も活かしつつ、『木を植えた男』や『大いなる河の流れ』といった大作アニメーション映画を独自の手法で創り上げていく展示のラストに当たる部分。

アニメーション映画、また観てみたくなりました。
映像は圧倒される美しさだし、フランス語の勉強にもなりそうです。
スポンサーサイト
コメント

私も行きますよ~

楽しみ楽しみ~♪テレビで特集やっていて、フランスネタは行かねばなるまい、と思っていた矢先に招待券を手に入れてしまいましたのです。ふふ~。

>みずほちゃん
チケットありがとね☆
ホント楽しかったよー♪( ´▽`)
映像もたくさんあるから、ゆっくり時間をかけて観るのがオススメ!
みずほちゃんの感想も楽しみにしてまーす(^ー^)ノ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。