FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーテッド

ディパーテッド
The Departed
監督:マーティン・スコセッシ
(2006年 アメリカ)


オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/thedeparted/

こういう娯楽作品がアカデミー賞で作品賞を取ったのはちょっと意外。
まぁ、思わせぶりなわけわからん映画が取るよりずっといいけど。

警察からマフィアに送り込まれたスパイ(レオナルド・ディカプリオ)と、マフィアから警察に送り込まれたスパイ(マッド・デイモン)。
失敗すれば、死が待っている危険な任務であることは言うまでもありません。
息をつかせぬ展開に、ハラハラ・ドキドキ。
なにかが心に強く残るとか、そういうタイプの映画ではないけど、単純におもしろかった。
あっと言う間の2時間30分でした。

ただ、本当はレオナルド・ディカプリオとマッド・デイモンが一番輝いてなきゃいけない映画だと思うけど、マフィアのボス役のジャック・ニコルソンの存在感に完全に負けてた。
彼にこういう役をやらせたらピカイチですね。

クイーナン警部役のマーティン・シーンも違和感なくてよかった。
外見も役柄に合っていて安心して見ていられるというのかな。

びっくりしたのは、エーラビー警部を演じたアレック・ボールドウィン!
しばらく見ぬ間に、お太りになられたのね ̄△ ̄;)
私の中ではまだ『レッド・オクトーバーを追え!』のイメージだったから…。
でも、中年太りで腹の出た姿は妙にリアリティがあって、役柄的にはプラスだわ。
これも役作りなの!?
スポンサーサイト
コメント

前に私も観たよ~。
私的には、レオ様のラストがあまりにも・・・で、嫌~な気分になった映画でした。

>PD
さすが映画好き!
いっぱい観てるねー。
レオ様のラスト、意外だったけど、私はあのあっさり感を評価してます。
こういうオチかい!って。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。