スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネルドリップ

どうも家でうまい具合にコーヒーを入れられない。
だから家では紅茶派、外ではどちらかというとコーヒー派。

ですが、そんな私はもう過去の私。
只今ネルドリップに挑戦中なのら=3

以前、ある喫茶店でマスターがネルドリップで入れてくれたコーヒーがすごく美味しくて、やっぱりコーヒーはネルドリップが一番!という印象が残っていたものの、ネルドリップは手入れがめんどうだというのもよく聞く話で、やっぱりズホラな私には無理かなぁ、とあきらめていたのです。

しかーし!!
たまたまお店で見かけたKalitaの手付きフィルターのパッケージに記載された手入れ方法を読んでみたところ、思ったほどめんどくない!?

要するに、コーヒーを入れたあとは、洗剤を使わずに水でよく洗って、決して乾かしたりなんぞせず、水を張ったタッパーにフィルターを浸して冷蔵庫に放り込んでおけばいいみたい。
まぁ、水は毎日取り替える必要があるけど、洗剤で手荒れする身としては、洗剤を使わないで洗える、むしろ使ってはいけないなんて、もう嬉し過ぎます♪

しかもこの手付フィルター(小)、価格も700円しないくらいで、お財布に優しい。
これなら失敗してもいいや、と購入に踏み切ったというわけ。

さっそく生まれて初めてネルドリップでコーヒーを入れてみたけど、思ったほど美味しくない(´o`)

まぁ、そりゃそーか。
お湯はポットのお湯ではなく、ちゃんと沸かして入れたものの、それ以外の工夫は皆無だったもんな。
性格的にあまり手のかかることは出来ないにしろ、もうちょっと美味しく入れられるよう修行するのじゃ!!!

コーヒー道のはじまり☆
(真面目にコーヒー道を歩んでいる人、こんなハンパモンですみません。怒らないで~。)

110917drip

110917cup

上の写真のマグカップは、小谷田潤(こやたじゅん)さんの作品。
府中市美術館のワークショップの講師をされていたのを機に、その存在を知ったのでした。

先日、グランデュオ立川店のORION PAPYRUS(オリオン パピルス)へ寄ったところ、思いがけず小谷田さんのコーナー発見!

で、買ってみた。

このマグカップ自体、2,100円とお手頃価格なのだけれども、もしも壊れてしまったときには、材料費(100円~500円ほど)+送料で、修理もしてくれるのだそうです。

普段使いとして気軽に使えるし、修理もしてくれるとなると、なおさら愛着が湧きそう^^
ナ~イス!小谷田さん(⌒ー⌒)b

↑ 馴れ馴れしいけど、ぜんぜん知り合いじゃありませんm(_ _)m
スポンサーサイト

<< 岩石園
| TOP |
前髪 >>

コメント

ネル!

オオトウゲマサミさんというイラスト描く方の書いた本『午後3時にお茶しにおいで』において、ネルドリップの話が出てました。コーヒーショップでのアルバイト経験から編み出した、美味しいコーヒーのいれ方が書いてあります。試行錯誤はあったようです。研究を重ねると成功しそうですよ。

>みずほちゃん
耳寄り情報ありがとう☆
本、ぜひ読んでみますね!
あ~、また読む本リストが…。
速読レッスンしなきゃ(笑)

ネルドリップは、上手く入れれば美味しく、そうでなければそれなりの味。
しつこいオタクにはもってこいだ。
いや、間違った。本物にこだわりる大人にはぴったりの趣味ね。

私は父親のネルドリップでコーヒーを覚えたと言っても過言じゃないよ。
でも娘はペーパーで満足しているけどね。

>MAKO
へぇ~、MAKO父、やるねぇo(*゚▽゚*)o
そういえばMAKOも美味しいコーヒー屋さんとか知ってたもんね。
あそこの水出しコーヒー、今でもときどき思い出すよ☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。