スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩石園

日曜日(9月11日)に、友人と東京都青梅市の御岳山(みたけさん)に登ってきました。
登ったといっても、バスも使いーの、ケーブルカーも使いーのの手抜き登山ですが(^^;)

御岳山へ登ってみたいという友人には、必ずロックガーデン(岩石園)をオススメします。
今回もロックガーデンで思いっきりリフレッシュしてきました。

まずはケーブルカーを降りてすぐの御岳平からの眺め。
晴れてるんだけど、降ってるかどうかわからないくらいの雨が…。
でも、そんな変な天気だったのもこのあたりだけで、あとは快晴でした!

110917mitakedaira.jpg

御岳平の近くには、レンゲショウマの群生地があります。
レンゲショウマを見るには時期的に遅いことはわかってたので、まだ咲いていればラッキーくらいの気持ちで臨んだのだけれども、やったー、ほんの少しだけど咲いてるよ!

指差し点検中!?

110917rengeshoma

日本産とは思えぬ鮮やかなシッポが目を引くニホントカゲ。

110917tokage

蝶になるのか蛾になるのかわからないけど、こちらも美しいです。

110917yocyu

御岳ビジターセンターのすぐ隣には、青梅市立第六小学校 御岳分校。
このあたりの子どもたちが通っているのかな、と思ったけど、今は廃校になっているようです。

110917ecole

先が長いので、ちょっと急ぎ足。
いや、歩くのはゆっくりだったけど、blogの文章を急ぎ足でいきますね。

過去にも何度か紹介した馬場家御師住宅(ばばけおしじゅうたく)。
馬場家は武蔵御嶽神社の御師(神職)を世襲しているお宅だそうです。
昔は各地にこうした茅葺き屋根の住宅が並んでいたのかと想像すると、それだけで気持ちがなごみます^^

110917baba01

110917baba02

地震で倒れたりしてなくてよかった!
武蔵御嶽神社の御神木の神代欅。

110917keyaki

今までその存在にさえ気づいていなかった竜之介松。
中里介山の歴史小説『大菩薩峠』に、主人公 机竜之介が御嶽神社の奉納試合で甲源一刀流の師範 宇津木文之丞を倒して殺してしまう話が出てきます。
この松の名も、この小説との関連で名付けられたのでしょう。

110917ryunosuke

ちなみに、綾広の滝の近くには、お浜の桂があります。
お浜というのは、机竜之介が犯して自分の女にしてしまった宇津木文之丞の妻の名です。

110917ohama

『大菩薩峠』、死ぬまでに読んでみたい本ではありますが、なにせ長い。。。はっきり言って長過ぎっ!
長い上に未完なので、以前読んだときには途中で挫折してしまったんですよね、ハァ。

竜之助松からしばらく上ったところにあるのが武蔵御嶽神社。
大口真神(おおくちまがみ)という日本武尊(やまとたけるのみこと)にまつわる伝説の狼が祀られているため、犬の神社としても知られています。
犬を連れてお参りに来る人もよく見かけます。

110917jinjya01

110917jinjya02

お参りを済ませ、向かった先は長尾平。
素晴らしい景色に、友人も私も満足の声をあげたことは言うまでもありません。

110919nagao01

110919nagao02

110919nagao03

110919nagao04

110917nagao05

満足したところで、ここからががんばりどころ。
七代の滝(ななよのたき)までは、長くてあまりよくない道が続くのです。

七代の滝へ向かう道の途中に現れた素敵な岩。

110917iwa

そして七代の滝。
滝もいいねぇ(^o^)b

110917nanayo01

110917nanayo02

ここからは鉄の階段始め、上り道が続きます。
前に来たときにはこの階段でヘトヘトになったけど、この日は思ったより楽でした。
もう秋の気候になってきているせいかもしれません。

天狗岩。
鎖を伝って登ることも可能ですが、前に体験したことあるし、今回のところはやめておきました。
だってこの岩、降りるときがめっちゃ恐いんだよ~(°-°;)

110917tengu01

110917tengu02

そしていよいよロックガーデンに到着!
岩と苔と水が織りなす世界に心が洗われます。

110917rock01

110917rock02

110917rock03

110917rock04

110917rock05

110917rock06

110917rock07

110917rock08

ロックガーデンの水の流れに沿って歩いて行くと、いつの間にか綾広の滝(あやひろのたき)へ。
修行僧が滝に打たれる場所でもあります。

竜之助松のついでに先に紹介してしまいましたが、お浜の桂があるのはこの滝のすぐ近くです。

110917ayahiro01

110917ayahiro02

これでひとまず目標達成。
帰りは綾広の滝の上の道を通って帰路につきます。

木の根がすごい!

110917ne

こっちは斜面から滑り落ちそうになりながら踏ん張ってるよ。
ガンバレ!

110917ki

天狗の腰掛杉。
左側の枝、まさに天狗が腰掛けるのにうってつけです。

110917koshikake

天狗の腰掛杉のすぐ隣には、東京都水道局 御岳山原水調整所があります。
その水道局からの眺め。

110917suido

武蔵御嶽神社の麓のあたりまで来ると、絵に描いたような雲がもっこもこ。
写生大会しなきゃ!!(笑)

kumo01

110917kumo02

110917kumo03

110917kumo04

110917kumo05

ケーブルカー乗り場のある御嶽平から最後の雲を眺めて、また次に訪れるときまで、この山ともお別れです。

110917kumo06
スポンサーサイト
コメント

指差し点検!(笑)

しゃせいたいかい、ぼくもつれていってね!

>PD
そう、忙しそうだった(笑)

>もく
うん、わかったぁ(^_-)-☆
あっ、でも、もくはえふでにぎれるのかな???

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。