スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア
Slumdog Millionaire
監督:ダニー・ボイル
(2008年 イギリス/アメリカ)


オフィシャルサイト
http://slumdog.gaga.ne.jp/


よかったという友人もいれば、そうでもないという友人もいて、いったいどっちなんだろうと思いながら観ました。

結果、観て損はないけど、そんなに大騒ぎするほどの映画でもないのでは…というのが正直な感想。

ムンバイ(ボンベイ)のスラム街で育った青年(デヴ・パテル)は、すべての問題に正解すれば文字どおりミリオネア(百万長者)になれるという人気クイズ番組に出場し、次々と難問に正解していく。
知識人にも難しい問題をスラム育ちの無学な青年が次々と当てていくことに不審を抱いた警察は、詐欺容疑で彼を逮捕し尋問する。
尋問していくうちに、彼がその困難な人生から学んだことが偶然クイズ番組の問題と重なっており、そのため青年は問題に正解していくことができたという事実が明らかになっていく。

偶然ったってそこまでないだろう、と感じる場面が数多くあるであろうことは覚悟の上で観たし、実際、それはそのとおりだったのだけれども、スラムでの生活はというと、もっとつらくて目を覆うような出来事の連続を予想していたので、ん?その程度なんだ…とちょっと拍子抜け。

そうリアルでもなく、そう劇的でもなく、なんか中途半端な印象を受けました。
まぁ、感じ方は人それぞれということで。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。