FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モダン・アート,アメリカン

金曜日(10月14日)に行ってきました。


モダン・アート,アメリカン―珠玉のフィリップス・コレクション―
To See as Artists See: American Art from the Phillips Collection
(2011年9月28日~12月12日 国立新美術館)


オフィシャルサイト
http://american2011.jp/


111016modern

戦後、アート・シーンの中心は、芸術の都 パリからニューヨークへと急速に移行し、現代アートの時代に突入した感があるけど、現代アートに突入する以前のアメリカのモダン・アートってこんな感じだったんだなぁ、と興味深く観ました。

知らない画家も多かったけど、展示構成でいうと「第4章 自然と抽象」あたりから、ジョージア・オキーフなど馴染みのある画家も登場してきて、絵の好みからいっても、おもしろくなってきました。

展示室の最後に飾られたヘレン・フランケンサーラー《キャニオン》も美しく、ここ最近の疲れがちょっと取れたように感じられました。

帰りの電車に乗る頃には、もう疲れが復活してたけど(^^;)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。