スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日の多摩動物公園

11月3日の文化の日は、友人と多摩動物公園へ。

正門前には、おなじみのゾウのほか、見たことのないトラの姿が!
え~っ、いつの間に…!?

111106zoo

まず向かった先は、昆虫園。
前から行ってみたかったのですが、女子と行くとたいていスルーされてしまって、まだ見たことがなかったのです。

大きな鍬を持った葉を切る役・葉っぱを運ぶ役・葉っぱに乗った小さな見張り役と、その役割によって姿が異なるハキリアリに感動し、吹けば飛んでしまいそうに小さな上唇や下唇まで切り離されたしたカブトムシの標本展示に驚愕し、世界各国の様々なゴキブリ(普段は大・大・大嫌い!)に太古のロマンさえ感じたのですが、一番心打たれたのは、大温室に放し飼いにされたチョウたちのパラダイス!

大温室に放たれたチョウの数と種類の豊富さに圧倒されました。
ハチドリやトノサマバッタも見られたし(^^)v

温室内に産みつけられたチョウの卵をいったん育成室に移して育て、成虫になったらまた温室に戻しているのだそうです。

中でも大きくてひと際華やかな印象を与えているのが、このオオゴマダラ。

111106butterfly02

111106butterfly03

ほかにもいろんな種類のチョウたちがいました~。
写真はその一部。

111106butterfly04

111106butterfly05

111106butterfly06

恥ずかしがらずにお顔を見せてー。

111106butterfly07

友人が、そろそろ毛のある生きものも見たいというので、それもそうだとアフリカ園へ移動。

祝日ということもあって、ライオンバスの乗り場前には長い列。
早々にあきらめ、遠くからライオンを眺めることに。

111106lion01

111106lion02

おや?
遠くにやけにくつろいでるのがいます(笑)

111106lion03

アフリカゾウのチーキ。

ボキボキと青竹を折り、バリバリと食し、その怪力ぶりを惜しげもなく披露してくれましたが、実はレディーなのですよ(*^^*)

111106elephant01

111106elephant02

次は、カピバラ…

111106kapi

じゃなくて、アミメキリン、でした(^。^;)
キリンのすぐ近くには、モモイロペリカンが二羽、お餅みたいに並んでいてウケた!

111106giraffe

ちょっと毛が茶色っぽくて小さな子は、2011年7月6日生まれのグレビーシマウマ。 男の子で、ラガーという名前だそうです。
柵に頭をぶつけて「イテッ」ってなったりしていて可愛かった(o^^o)

このラガー、十月中旬から、お母さんのライチと運動場に仲間入りしたばかりだそうです。
前回訪れたときには、ちょうどライチが、ラガーのお姉さんにあたるライム(来夢)を産んだあとだったけど、もう次の子が産まれていたのですね。

111106zebra01

111106zebra02

アフリカ園をあとにして、オーストラリア園はコアラ館へとやってきました!
祝日で人が多いこともあり、立ち止まってじっくり見られなかったのがやや心残りですが、まぁいいでしょう。

111106koala01

ユーカリの葉の食事にありついて、恍惚の表情!?

111106koala02

まるで三つ子のようなパルマワラビー。

111106wallaby

ふふふ、そしてそのすぐ近くには、私の愛するウォンバットのチューバッカくん♡

111106wombat01

お気に入りの丸太を抱えて眠る姿の愛らしいこと(*゚▽゚)

111106wombat02

ああ、つぶらな瞳にクラクラする~ヽ(=´▽`=)ノ

111106wombat03

ここからはアジア園。

多摩動物公園に来たからには、オスゾウの国内最高齢だというアジアゾウのアヌーラおじいさんにごあいさつせねばなりますまい。

58歳とは思えぬ元気そうなお姿!

111106elephant03

111106elephant04

ご機嫌もことのほかよろしいご様子♪

111106elephant05

ため息が出るほど美しく複雑な模様のアムールトラ。
ひゃ~、かっこいい(゚∇゚(゚∇゚

母親のシズカと娘のアイとマオ。

111106tiger01

111106tiger02

「騒がしくてゆっくりお風呂にも入ってられないわ」という声が聞こえてくるようです(笑)

111106tiger03

この子は、“中へ入れろ~”のポーズを繰り返していました。

111106tiger

意外と甘えん坊なんだね(*^o^*)

111106tiger05

111106tiger06

レッサーパンダの中に、ブーブーという名前の子がいて、友人と「ブーブーはないよね」と話していたのだけれど、写真を見たら、本当にブーブーっぽくて笑ってしまった。

ブーブーだけじゃなく、ほかの子たちにも、ちゃんとイメージにあった名前が付けられていました。

111106redpanda01

111106redpanda02

今度はインドサイがいる沼地へ。
サイを見ると、いつも子どもの頃に折った折り紙を思い出します。

111106rhinoceros01

111106rhinoceros02

ハッ、これは失礼いたしましたッ(=゚ω゚=;)=3

111106rhinoceros03

サイってすごく優しい顔してるなぁ。。。

111106rhinoceros04

こっちのサイは、もう室内に入りたいらしく、狂ったようにドアに頭突きを食らわせ続けていました。
その音のけたたましいことといったら!

111106rhinoceros05

ようやくあきらめてくれたときには、ホッとしましたε=( ̄。 ̄;)

111106rhinoceros06

そして最後はマレーバク。
お母さんのリザと息子のケン。
グレビーシマウマのラガーと同じ7月6日生まれです。
111106tapir01

以前、やはりリザに娘のサコ(咲子)ちゃんが産まれたときには全身ウリ柄でおっぱいを飲むサコちゃんの姿に感激したけど、ケンくんはちょうど黒×白の大人柄に変わったところ。

まさにミニチュア!
それでいて、大人よりちょっと鼻が短かくていたずらっ子みたいな表情をしているところがキュート☆

111106tapir02

111106tapir03

室内は南国風。
親子揃って歩くうしろ姿が微笑ましい^^

111106tapir04

久しぶりの外出に、子どもたちも大喜びでした。
だけど、そんなとこに乗ったら怒られるよぉ( ̄。 ̄;

111106children
スポンサーサイト
コメント

Chamaちゃん、本当に動物博士だね~すごい!
上野もいいけど、今度ぼくと水族館にも行こうよ(*^-^*)
あ、あったかい季節にね。

>まなぶ
ぜんぜん動物博士じゃないよf^_^;)
まなぶと行く水族館、楽しそう♪
水族博士のまなぶにいろいろ教えてもらいたいな☆

写真すごくうまくなってる!蝶とか難しいのに。
接写はさすがだね!
多摩動物園よさそう!
いつか子ども連れて行こう、ときめた!

>yamaさん
yamaさんに褒められると嬉しいデス(^O^☆♪
実際にはデジイチ導入でカメラの性能が上がっただけな気も…(⌒-⌒; )
多摩動物公園は、広々としていてオススメ!
今度ぜひお嬢ちゃんたちと行ってみてくださいな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。