スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の歌を聴け

風の歌を聴け
村上春樹 著
(1979年 講談社)


村上春樹氏のデビュー作。

初めて読んだ『ノルウェイの森』でちょっと懲りて村上春樹離れしてしまっていたのですが、「『ノルウェイの森』はイマイチだけどほかの作品はいい」というファンの声もしばしば聞こえてくるので、村上春樹再挑戦!

やっぱり私はこの人の小説に出てくる登場人物たちが好きになれないのだけれど、のちの『ノルウェイの森』に通ずる要素が数多く見られてなるほどと思い、それでも全体的に『ノルウェイの森』ほど重苦しさがないせいか、感覚的にいいなぁと感じる部分が結構ありました。
まぁ、その反面、インパクトでは弱いかなぁという感じも受けたわけですが。

それにしても、こういう独特な作家(いい意味でマニアック!)が世界中で本当にたくさんの人々に受け入れられているという事実は、おもしろくもあり、また頼もしくも感じます。
私個人の好みは別にして、なぜだか嬉しくなるのです。

次に彼の作品を読むとしたら、『海辺のカフカ』か『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』かなぁ…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。