スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿島

海開きして人がいっぱい押し寄せてくる前にと、友人と6月26日に訪れた猿島。
東京湾に浮かぶ自然の無人島です。

いつの間にか月日が経ち、blogに載せる機会をすっかり逸したまま今日(こんにち)に至っておったのですが、『十五少年漂流記』 → 無人島 → 猿島 というかなり無理やりな繋がりで、今さらですが、まぁいいでしょうf^^;)

猿島へは、横須賀にある三笠公園から船で10分ほどで行けてしまいます。

ちなみにその三笠公園には、NHKドラマ「坂の上の雲」で再注目を集めた東郷平八郎率いる軍艦「三笠」が記念艦として公開されていますので、興味がある方は、こちらも楽しいかもしれませんね。

111128mikasa01

111128mikasa02

猿島への船は、一時間に一本出ています。
船が出航する三笠桟橋にはなぜかクラゲがたくさんいました。
曇っていて天候はイマイチですが、いざ、しゅっぱ~つ!

111128seafield

111128kurage01

111128kurage02

海もいいねぇ。

111128sea01

111128sea02

なんて思っているうちに、あれよあれよという間に猿島に到着。

111128sarushima01

111128sarushima02

111128sarushima03

まずは海岸で貝殻拾い。
貝殻を拾っているうちに、ここはシーガラスの宝庫だということがわかり、途中からはもっぱらシーガラスを拾ってましたが(*^^*)

111128kaigan01

111128kaigan02

111128kaigan03

111128kaigan04

どこからやって来たのか、人工の石柱などがボコボコ落ちているエリアもありました。

111128kaigan05

浜辺をあとにして、島内をひとめぐり。

111128uki

豊かな自然の中とともに、要塞が現れてきました。
まだ鎖国をしていた江戸時代に異国船の侵入を防ぐための台場(大砲を据える台)が造られたのが軍事施設としての始まりで、本格的な要塞が建設されたのは明治時代になってから。
結局、実戦で使用することがないままになっていた要塞は、第二次世界大戦中には軍事施設として復活。
それでも、赤煉瓦の要塞に手が加えられることはなく、現在まで残されているのだそうです。
すべての要塞施設は岸壁に掘り込んで造られていて、島の外からはまったく見えないというからすごい!

111128fortress01

右の黒い鉄柵がしてあるところは、弾薬庫の入口。
入口から奥まで縦に長い構造になっている。

111128danyakuko

猿島要塞の煉瓦は、愛知県産の品質の高い煉瓦が使用されていて、フランス積(フランドル積)という煉瓦の積み方がされているということなのですが、このフランス積煉瓦の建造物は、国内にわずかしか残されていない貴重なものなのだそうです。

フランス積煉瓦のトンネル。
トンネル内に地下施設が造られていました。
(「愛のトンネル」という しょーもない名前が付けられていた。。。)

111128renga01

111128renga02

111128renga03

111128renga04

111128renga05

第一砲台の関連施設。

111128fortress02

展望広場付近。

111128park01

111128park02

この未確認飛行物体の着陸地点みたいなのは、砲台跡です。

111128hodai01

111128hodai02

猿島要塞をひととおり見学し終わったところで、海岸の岩場へと下りてみました。

111128kaidan


古代住居跡(日蓮洞窟)。
猿島には、要塞だけでなく、日蓮上人にまつわる伝説が残されています。
「猿島」という名前も、日蓮上人が房州から船で鎌倉へ行く途中に嵐に襲われて難儀していたところを、白猿が助けた伝説から取られたものだといいます。

111128nichiren

このヨネノ根のあたりは、とにかく岩がすごかった。
どうやってそこまで行ったの~!?と思うようなところに、強者(つわもの)の釣り人たちの姿が!!(@o@;)

111128yonenone01

111128yonenone02

111128yonenone03

晴れた日には、きっと遠くまで見晴らせるんだろうなぁ(;_;)

111128park03

こちらはオイモノ鼻というところ。
「ヨネノ根」といい「オイモノ鼻」といい、昔の人はネーミングセンスが素晴らしいですね!

111128oimo01

111128oimo02

写真にうまく撮れなくて、お見せできないのが残念ですが、ここオイモノ鼻には水生生物がたくさんいて、小学生の理科の観察とかにピッタリな感じでした。
私も先生のレクチャー受けたかったくらい!

すぐに隠れちゃったけど、カニもいました。

111128oimo02


猿島、思ったより人がいて無人島のイメージとは違ったけれど、なに気に楽しかったなぁ(*^^*)
小さくて素朴な感じがいいんですよね。

次は晴れた日に来たいよー。

111128beer
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。